@富士山頂 (2007年)

一年の間でも、ここまで晴れ渡った空が広がるというのは、あまりない機会なのかもしれません。
素晴らしいタイミングに恵まれました。