« 生憎の空模様… | トップページ | 冬支度 »

2011年11月21日 (月)

Landside

Sdim0848

 本年3月11日の東日本大震災によって、一時通行止め、その後迂回路使用にて行くことが出来た茂庭方面ですが、復旧工事が進み、とりあえずは迂回路を使用しなくても先に進めるようになったみたいなので、休日を利用して、ちょっと足を運んでみました。

 あ、今回の扉写真は、昨日の夕方に撮った、何のことはない、ただの写真です。

 
Sdim0838

 さて、その茂庭の災害発生現場ですが…

 これは、8ヶ月以上まともにクルマを通すことが出来なかったのも頷けます。
 というか、その現実を目の当たりにすると、嫌でも認識させられます。


 …いやいやいやいやいや

 これはあり得ないでしょ、普通。

 山がごっそりなくなってるし。


 きっと、本来そこにある筈のものが全部下に流れ出ていたのでしょうね。
 8ヶ月足らずで、よくここまで復旧させましたね。

 以前、工事現場の方と話す機会がありましたが、「年内には、なんとか車が通れるようにさせなければ」と仰っていました。
 それが11月中旬に達成されるとは、、、
 
 24時間体制での警備体制を敷き、工事も急ピッチで進められたのでしょうね。
 頭が下がります。

 これによって、地元の方の負担はかなり軽減出来るでしょうね。
 それに、本格的な冬になってから、あの迂回路を走ると考えると(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


 「とりあえず車が通れるようにはした」という段階なのでしょうが、これから本格的な冬に入ります。それでも、ここから先の工事は冬期間でも行われるのでしょうか。
 
 工事に携わる方の安全を願わずにはいられません。

« 生憎の空模様… | トップページ | 冬支度 »

DP1s」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
話には聞いていましたが、こんな風になっていたのですね。
本当に工事関係者の方々は、ご苦労なさった事と思います。
感謝ですね~。

みーたんさん、こんにちは!

私も、まさかこのようになっているとは思いもしなかったので、本当に驚きました。
これでは、長い間通行止めにしなければならなかったことも頷けます。
工事関係者の方々は、本当に大変だったと思います。
地元の方々も、これで冬を迎える前に一安心できたのではないでしょうか。

私も、茂庭へのアクセスが容易になって、とても感謝しています。

こんばんは~
ここって福島飯坂ICからそんなに離れてないところですよね?
写真の白い部分全面は元々山でみんな崩れ去ったということですかね・・・
復旧工事に尽力してくれる方々には本当に頭が下がりますね。
開通、何より良かったです。

ところでKUZUさん、こんなところで恐縮なのですが
東京から南相馬市の市役所へ行くにはどう行くのがわかりやすいかご存知ないでしょうか。
中通りから浜通りへ抜ける道が結構震災や台風被害の工事などで通行止めがあるようなので、確定路がわかればと思いまして。
もし詳しく調べないと、ということでしたら、わからないと言っちゃってください。
突然変なこと質問してしまって御免なさい。

cafemameさん、おはようございます!

ここはそうですね、福島飯坂ICから比較的近い場所ですね。
山が白くなっている部分は、すべて崩落した所になります。
復旧工事に携わった方々は、本当に大変だったと思います。頭が下がります。


返信が遅くなってしまい、申し訳ございません。
東京-南相馬間ですか?
SDトラベルという会社が高速バスを運行していたので、これが一番手っ取り早いかと思います。一応貼っておきます。↓
http://www.sdtravel.co.jp/

これ以外でしたら、どのような交通手段を使うかで結構変わってくると思います。
また、どこを通るかで変わってきますね。
詳細を教えていただけるのでしたら、こちらまで連絡をいただけると助かります。↓
pleiades1993@aol.com

KUZUさん、情報ありがとうございました。
ここに書き込むことでは無かったと思いつつ
つい頼ってしまったことをお詫び申し上げます。
直通バスがあるということは考えていなかったので
友人達と相談できる幅が広がりました。
本当に助かります、ありがとうございました。

※尚、私のブログにも書き込んでいただいた方はアドレスもあることですので
無用に広げないという意味で消させていただきました。
申し訳ありませんでした。

cafemameさん、こんばんは!

お役にたててよかったです(^^)
移動手段は色々考えられますので、ご連絡いただければ、地元民?の強みを活かしたいと思います。
ご友人と、南相馬まで出向く予定なのですか?
では帰りに、我らが福島市まで足を延ばして遊びに来てくださいよ♪

コメントの方は、了解しました。
管理されているのはcafemameさんですから、私のコメントをどうしようと構いませんので。
何かありましたら、またコメントなりメールなり頂けると嬉しいです。

KUZUさん こんばんは
すごいですね
山が崩れて それを直したんですね
そのに住む人たちの生活のため 
一日も早くと 頑張ってくださったんでしょうね

まだまだ 日本海側の復旧は完全ではありませんが
こうした陰の力のお蔭だということを 改めて感じました
考えさせられるいい写真でした ありがとうございます^^

ユウスケさん、おはようございます!

あの地震の影響は大きく、県内でもまだまだ多くの所で災害の跡を見ることが出来ます。
この先にも、勿論集落はあるワケでして。迂回路として、とんでもない山道を走ることになりました。しかし、冬場は絶対に走りたくないような所でした(汗

日本海側にも、まだまだ影響は残っているのですね。
日々頑張ってくれている方々に感謝です。
それを忘れてはいけませんね。

KUZUさん、おはようございます。
震災の爪あと・・痛々しいですね。
それでもこうして少しずつ復旧している・・
現場で働く方々の努力に感謝しなくてはいけませんね。

ちょこままさん、こんにちは!

これ、実際に目の当りにしますと、かなりの迫力があって圧倒されます。
まさかこんな風になっているとは、思いもしませんでした。。。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつ前に進んでいるのですよね。

現地で働く方々の苦労は、相当なものだと思います。
でも、我々はそれに頼るしかできません。
感謝を忘れてはなりませんね。

こんばんは。
なんだかいつもと写真の雰囲気が違うなと思ったらDP1sでしたか。
やはりオンリーワンの個性のあるカメラですね。

しかし、凄いお写真というか現場ですね。
新しい山にトンネルを開通させるより、難しい工事なんじゃないでしょうか。
流されたばかりの不安定な状態ですからね。
大変なご苦労があったことかと思います。ほんとお疲れ様です。

tomohiroさん、こんばんは!

そうなんです、ここ最近はずっとDP1sで撮影しています。
DPならではというか、Foveonならではと言うか、そういう描写力を持ったカメラだと思います(^^)
私はとても気に入っています。

これ、山がごっそりなくなっていますからねー
実際に目にすると、もっと衝撃が大きいと思います。
写真ではあまり伝わらないのが残念です(><)
工事に携わった方々の苦労はいかばかりかと…
本当にお疲れ様ですね。

お晩です★

茂庭、何か収穫はありましたか?
僕は何月だっけな、蓮華瀧を撮るのに行きました。
日曜の昼は通行止めになるとのことだったけど、今はどうなんだろ‥。

それにしてもあの迂回路、冬になれば大変な道でしたね。

M.Hermitageさん、こんばんは!

茂庭は一応行けました。というか、普通に通れましたよ~
日曜日の昼は通行止めなのですか?
今はどうなのでしょうか。機会をみてまた行ってみますかね。

あの迂回路は、冬は本当に大変でしょうね。
流石の私も遠慮します(汗
地元の人も、これで少しは楽になるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1376925/43084478

この記事へのトラックバック一覧です: Landside:

« 生憎の空模様… | トップページ | 冬支度 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

SR-1s

  • Img103
    MINOLTA SR-1sとMC W.ROKKOR 28mm F3.5の組み合わせで撮影した写真たち

OM-1N

  • Img_127
    OLYMPUS OM-1NとH.ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8の組み合わせで撮影した写真たち

OM-2 S/P

  • Img_139
    OLYMPUS OM-2 S/PとZUIKO AUTO-S 50mm F1.8の組み合わせで撮影した写真たち

EXILIM EX-Z50

  • Cimg2077
    CASIO EXILIM EX-Z50で撮影した写真たち

α DSLR

  • Dsc01087
    みんちさんにお借りした、SONY (KONICA MINOLTA) αで撮影した写真たち

EOS DSLR

  • Img_9886
    カメラカメラさんにお借りした、Canon EOSで撮影した写真たち

Link(Photo)