« the grandeur of nature | トップページ | スイレンを求めて照南湖へ »

2011年6月23日 (木)

Eyes of witch

Sdim0724

 やはり、一切経山といえばここしかないでしょう!

 ということで、"魔女の瞳"でございますヾ(´∀`)ノ


 …かなり手首が痛いため、写真のみでお送りいたします。
 皆さんの所にも遊びに行っても、記事を拝見して終わりになりそうです。。。

 ま、今日のブログは一枚目の写真が全てだから、いっか(爆

 
Sdim0716

◇◆◇◆

Sdim0718

◇◆◇◆

Sdim0735

« the grandeur of nature | トップページ | スイレンを求めて照南湖へ »

DP1s」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^

一枚目の写真には目を奪われました!
この景色を1枚の写真で切り取るのは本当にすごいなぁと感心してます。
しかし山っていいですよね。
私も体力つけて、いつかそこそこの登山を経験してみたいと思っています。
まずはトレッキングからかな(^^;

手首、お大事にしてください。
私も腱鞘炎もちで、手首が弱いもので・・・

最後の1枚が、なんかイイです。

一切経山いいですね~
ずっとここを登る予定でいるのですが、なかなか時間がとれなくて終わってます。
今度行く時には連れて行ってください♪

おはようございます!

魔女の瞳とはセンスのいい命名です。
前回の朝焼けの写真といいいい旅が出来て良かったですね。

福島って行ったことないですが、絶景があって羨ましいです。
休日にこんな場所へ行けたら最高ですわ。

 1枚目、美しいですね。ウットリしてしまいます。
魅惑の福島からの強烈な誘惑です。
 コメントは、マイペースでしますので、マイペースで
お願いします。

お晩です★

スカイライン、長らく行ってないです。
幕滝など近くには行くけど、有料の場所やイベントは避ける貧乏性であります w

所で此処は雲海が見れますかね?

cafemameさん、こんばんは!

ここに立ったら、多分皆さん同じような構図で写真を撮ると思いますよ〜(汗
でも、この写真は私にしか撮れないものだというのは確かです。
山歩きにDP1sは、私にはピッタリでした(^^)

山はいいですよぉ♪
日常を忘れて、自然と共に歩む一歩一歩が、とても大切なもののように感じます。
トレッキングなら簡単に始められますよ!
是非(^^)

jetさん、こんばんは!

山に行くと、山頂ではこういうものをよく見かけますよね。
山は信仰の対象でもありましたし、神聖な所なのですね。
それに、"空気に感謝する" 旨の文言が書いてあるものもありました。

山の上からの景色は、ホントに気持ちいいです。
今年も、あといくつか登りにいけたらいいなと思います!

だいじろうさん、こんばんは!

ここは何度行っても飽きない所ですよ(^^)
また登りに行くつもりです。
山は天気が変わり易いので、いつ行くかを見極めなければなりませんが、最近は上手く読めるようになってきました。

今度は是非、ご一緒しましょう!

parrot☆彡さん、こんばんは!

ホント、最初に名前を付けたひとは凄いですよね!
これが秋になると、真っ赤に染まった木々に囲まれて、これまた美しいんですよぉ(^^)v
秋にもまた、来るつもりでいます。

今回は天気にも恵まれたので、まさに絶好のお出かけ日和でした♪

なかなか福島へは来られないかもしれませんが、是非一度来てみてください!
良い所ですよぉ。
美味しいものもたくさんありますし、景色も最高です。

nama3さん、こんばんは!

結構手頃に登れる山ではありますが、それでも景色は十分!
凄く綺麗なんですよ(^^)

さぁさぁ、福島に行きたくなってきたでしょぉ?(笑
美味しいお蕎麦もありますし、ソースカツ丼、喜多方ラーメンなど食べものはみんな美味しいです。それに、お酒がこれまた旨いんです!

私も、ノンビリと書いていきますので、よろしくお願いしますね。

M.Hermitageさん、こんばんは!

スカイラインは、朝6時までにゲートインすれば無料ですからね♪
私はいつも、かなり早い時間に行くので最近はお金を払っておりません(汗
駐車場も、兎平に停めればこれまた無料ですし。

ココでは、雲海が見られるかはよく分かりません(><)
ただ、遠くに雲海が見られることはありますね。
雲海を見るなら、ここよりもつばくろ谷の方が、よく見えるかと思います!

こんばんは。
なんだか大げさかもしれませんが、
地球を感じるお写真ですね。こんなおおらかな
自然の写真を撮ってると良い意味で、自分の存在の小ささを感じますよね。
でもそれを写真に残すのは、今の私しかいない。
ちっぽけなことかもしれませんが、そんな小さな幸せを楽しめるように
なりたいなと思います。

魔女の瞳を見に毎年行っていましたが昨年は火山性ガスが心配で行かずにいました。今年はどうかなぁ!?って思っていました。

tomohiroさん、こんにちは!

一切経山の山頂で魔女の瞳を見下ろしながら、ノンビリと休んでいましたが、常に見ているのは魔女の瞳と、その先に広がる広い世界でした。
私が専ら風景を撮っているのも、この自然の大きさを写真に残したいと思ったからですね。自然は時として牙を剥きますが、そうでない時はこんなにも穏やかで優しいものなのだと、今更ながらに感じました。

最近は、登山のついでに撮影というカンジなのですが、それでも、やはりカメラを持っていってよかったと思いますね。ブログに上げて、皆さんに見てもらって、感想まで頂けるとは、この上ない喜びであります。
これだけでも、幸せだといえると私は思います(^^)

鯨影さん、こんにちは!

福島に来てからというもの、毎年欠かさずに登りに行っていますね。
火山性ガスの心配もありますが、注意さえすれば問題ないと思います。
それに、一切経山までの直登コースは封鎖されていますから、基本的には安全なコースしか登れません。

素晴らしい景色が見られますから、今年もこれから是非♪

こんばんは。
出ましたね。これこれ。
いつ見ても綺麗です。
白く見えるのは雪でしょうか。
そして、風がないのか、静かな水面ですね。

さんぽみちさん、こんばんは!

やはり、一切経山といったらこれでしょう(^^)
ここまで来て、魔女の瞳が見られないというのは、凄く寂しいものです(経験者は語る…)。

それと、斜面に見える白いのは残雪ですよ〜
この時期でも、結構雪は残っていますし、登山道でも結構な厚さの雪を踏みしめて進みました。
雪の上にいると、少し涼しく感じますね。
この日は風もなく、非常に穏やかな天気でした。かなり珍しい好条件でしたね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1376925/40462147

この記事へのトラックバック一覧です: Eyes of witch:

« the grandeur of nature | トップページ | スイレンを求めて照南湖へ »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

SR-1s

  • Img103
    MINOLTA SR-1sとMC W.ROKKOR 28mm F3.5の組み合わせで撮影した写真たち

OM-1N

  • Img_127
    OLYMPUS OM-1NとH.ZUIKO AUTO-W 24mm F2.8の組み合わせで撮影した写真たち

OM-2 S/P

  • Img_139
    OLYMPUS OM-2 S/PとZUIKO AUTO-S 50mm F1.8の組み合わせで撮影した写真たち

EXILIM EX-Z50

  • Cimg2077
    CASIO EXILIM EX-Z50で撮影した写真たち

α DSLR

  • Dsc01087
    みんちさんにお借りした、SONY (KONICA MINOLTA) αで撮影した写真たち

EOS DSLR

  • Img_9886
    カメラカメラさんにお借りした、Canon EOSで撮影した写真たち

Link(Photo)